飲食店の現場で汗を流し、確実な収益向上を実現します!

アップ・トレンド・クリエイツおしらせ > 書籍「お客様に選ばれる! これからの飲食店 集客の教科書」が発売されました

おしらせ

書籍「お客様に選ばれる! これからの飲食店 集客の教科書」が発売されました

2019年2月14日更新

書籍「お客様に選ばれる! これからの飲食店 集客の教科書」

◆脱・行き当たりばったり販促!

繁盛するためには、まずお客さまに来店してもらわなければ始まりません。
当然、これまでチラシ配りやポスティング、アンケート、ウェブ集客などに取り組んできたでしょう。
しかし、イマイチ効果が出ない。あるいは、一瞬売上は上がっても、長続きしない――。
その原因のほとんどは、他店がやっていることをただ真似したり、
無理やりスタッフに押しつけたり、営業マンが勧めるプランのまま契約をしたりなど、
行き当たりばったりの施策にあります。

「今月、売上が足りないから、何とかしろよ! 」
「とりあえずクーポンチラシ配って、なんとか売上目標をクリアしよう」
といった気合いと根性の集客では、販促でお店の売上を上げるどころか、
スタッフのモチベーションを維持できずに離職をまねき、業績も改善できない......
という負の連鎖になりかねません。

また、金券を使うためだけに来店する「アルカラ客」や、特典をもらいに来るだけの「もらい屋さん」だけを
集客しても、売上にはつながりません。
お店と長い付き合いになるのは常連客です。
つまり、金券や特典などがなくても、来店していただける「ナクテモ客」です。
本来、店にとって利益を約束してくれるお客さまは、割引や特典がなくても来店いただける「ナクテモ客」にほかなりません。
「ナクテモ客」の売上構成比が低い飲食店は一見、繁盛しているかに見えても、
利益体質のお店とはいえません。
質の悪い売上を上げているだけの、短命で終わるお店です。

本書では、これまで直感的に行なってきた集客・販促について、
具体的な計画の立て方から実践ノウハウ、スタッフへのアプローチ方法まで、現場に沿ったノウハウを解説。
チラシ配り、ポスティング、アンケート、お礼状、外回り営業、ネット・SNS......
お店の特長・規模に見合った販促を行ない、安定経営を実現するリアルな集客の超・具体策!

【お金をかけずに繁盛させる集客公式】
認知人口×来店率×残存率×リピート率

著者 白岩 大樹、長屋 大輔、上田 逸平
監修 山川 博史
単行本(ソフトカバー) 256ページ
出版社 同文舘出版
ISBN-13 978-4495540296
発売日 2019年2月15日