飲食店の現場で汗を流し、確実な収益向上を実現します!

アップ・トレンド・クリエイツ飲食店経営の「これから」 > 飲食店のマーケティング

飲食店のマーケティング ~「エリアマーケティング」から「脱・エリアマーケティング」へ~

これまでの「エリアマーケティング」

例えば、都市部であれば半径1キロ圏内、また郊外部であれば半径10キロ圏内...そのエリア内に居住・勤務・通行する人々の年代や所得、また流れ(行き来)などを踏まえて、それにマッチした商品を開発し、価格を設定する...これが飲食店のエリアマーケティングです。

これはエリア内における限られたパイ(人口)の占有率(シェア)と利用頻度(リピート)に対して「いかにこれを高めるか?」と考えることが前提でした。

しかし...

エリア内での競争激化が導く「値下げ合戦」

多くのエリアで大手や中小と様々な資本規模の飲食店が参入している今では、その競争は激化する一方となっています。
つまり、そのエリアにいる人々のことを考えること以前に、エリアの競合店の商品・価格・動向などを踏まえて、それら出し抜く商品開発や価格設定をしなくてはならないのです。

そういった競争は、最後には価格競争へと移行していきます。
この値下げ合戦に勝つのはもちろん、大資本です。

では、このような結末を陥らないために、私たちはどうすべきなのでしょうか?

その答え一つとして...

「脱・エリアマーケティング」への挑戦を

先のエリアマーケティングの前提を今一度考え直す必要があります。

占有率(シェア)と利用頻度(リピート)を高める対象となっているエリア内における限られたパイ(人口)。 シェアもリピートも高めることなく、このパイ(人口)自体を広げる(増やす)ことはできないのでしょうか?

今なら可能です。
なぜなら近年のインターネットの普及・発達によって情報革命が起こったからです。

これまでの前提を超えて圏内から市内、県内、全国への情報発信に挑戦してエリア外の人口への認知→集客に成功すれば、エリアの競合店とは戦わずにして勝つことが実現します。

まとめ

  1. これまでのエリアマーケティングは、エリア内の限られたパイ(人口)の占有率(シェア)と利用頻度(リピート)を高めることが前提でした。
  2. しかし、多くのエリアで大手や中小、様々な資本規模の飲食店が競争を繰り広げる今、その前提では競争は値下げ合戦へと移行し、大資本が勝つ結果になってしまいます。
  3. 値下げ合戦にならないためには、インターネットを駆使することで先の前提を超え、エリア外の人口への認知→集客に挑戦することです。