飲食店の現場で汗を流し、確実な収益向上を実現します!

アップ・トレンド・クリエイツ飲食店経営の「これから」 > これまでの外食産業~歴史~

これまでの外食産業~歴史~

「開店繁盛」の時代~1970年ごろ~1990年ごろ

時代背景は...【成長期・好景気】

「外食産業」という言葉が生まれたのは1970年頃と言われています。
時代は「高度経済成長期」と言われた時代。
飲食店のないエリアがほとんどの状況で、店を出せば繁盛しました。
この時期に「チェーンストア理論」を取り入れた大手チェーンが急速に規模を拡大していきました。

「大手競争」の時代~1990年ごろ~2000年ごろ

時代背景は...【成長期・不景気】

大手チェーンの数々が全国へと展開し、各地で競合状態に...。
時代はバブルが崩壊し「失われた10年」と言われた時代。
デフレの影響を受け、大手チェーン同士が競争を繰り広げました。
その陰で、大手が来ないエリアで中小規模の企業が店舗数を伸ばしました。

「業態研究」の時代~2000年ごろ~2008年9月

時代背景は...【 成熟期・好景気】

新興チェーンが徐々に大手の牙城を崩し始めるようになります。
時代は「失われた10年」から「ITバブル」と言われた時代。
お客様のニーズを踏まえた「珍しい業態(何屋)」が繁盛しました。
新興飲食企業は、雰囲気・サービス・テーマに創意工夫を重ね集客に成功しました。

「混沌混迷」の時代~2008年~現在

時代背景は...【成熟期・不景気】

飲食店同士の競争が激化、出退店が相次ぎ「再生ビジネス」が流行しました。
時代は「リーマンショック」から世界的な不況へ広がった時代。
飲食店のないエリアはなく、何屋であろうと店を出すだけでは繁盛しません。
「再生ビジネス」の流行により、小資本で出店できることが競争を更に加速させています。